歯周病




歯周病とは、歯を支えている骨が溶けてしまう恐ろしい病気で、
かなり進行してしまうまで目立った症状が現れない為
そのまま放置しておくと歯と骨を失うことになりかねない病気です。

歯を失う原因としては、虫歯より多く
動脈硬化・脳血管疾患・心疾患・糖尿病・高血圧・早産や
低体重児出産など全身の健康に大きな影響を及ぼす病気です。

歯周病の体に及ぼす影響


下記のセルフチェックシートに2つ以上あてはまる場合は、早急な受診をおすすめします。

歯を磨くと血がでる
歯がぐらついている
歯と歯の間に隙間がでてきた
歯が長くなった気がする
口臭があると言われた又は感じている
歯ぐきが赤く腫れている
歯が浮いた感じがする
タバコを吸う
歯ぐきに痛みや違和感がある
歯ぐきから膿がでる
最近歯ならびが悪くなってきた。


歯周病治療の流れ1

歯周病治療の流れ2

※歯周病は完治が困難で1度進行してしまうと完全には元の健康な状態には戻りません。
治療が早いほど予後が良くなり歯を失う危険性が低くなります。
お早めの受診をお勧めしております。

ご予約・お問い合わせ 06-0491-6480

お問い合わせメールフォームへ